能楽初心者の方へ

For beginners of Noh

能楽の基本

能・狂言とは

能と狂言をあわせて「能楽」と呼びます。
両者は一対のもので、能が上演されるときには、
必ずといってよいほど狂言も演じられます。

写真提供:(公社)金沢能楽会

写真提供:(公社)金沢能楽会

能と狂言をあわせて「能楽」と呼びます。
両者は一対のもので、能が上演されるときには、
必ずといってよいほど狂言も演じられます。

 

(1)能とは
能は、継承されている演劇としては「世界最古」といわれる日本独自の舞台芸術で、
日本で最初にユネスコ(世界無形遺産)に登録された世界が認める伝統芸能です。
笛や鼓による演奏と地謡と呼ばれるコーラス隊の謡にあわせて、舞台上の人物が舞いながら物語を展開します。

 

(2)狂言とは
能とは兄弟のような関係で、能がシリアスなオペラやファンタジーのような性格だとすると、狂言はコントのようなものといえます。

能舞台

番号をクリックすると、該当箇所の説明をご覧いただけます。

能楽師

番号をクリックすると、該当の説明をご覧いただけます。

能のジャンル

能の物語はおよそ200話。主人公であるシテの役柄によって大きく5つのジャンルに分類されています。

神(一番目物)

「高砂」

神様を主人公とする能。
世の中の平和を祝うめでたい演目が多い。
(「老松」「高砂」「竹生島」「養老」など)

男(二番目物)

「田村」

男性を主人公とする能。源平の武将の霊を主人公とする演目が多い。
(「敦盛」「清経」「田村」「八島」など)

女(三番目物)

「羽衣」

女性を主人公とする能。
女性の霊が恋愛に苦悩する演目が多い。
(「井筒」「関寺小町」「羽衣」「松風」など)

狂(四番目物)

「邯鄲」

物狂いが主人公の能を中心に、
他のジャンルに入らないものも含む。
劇的な演目が多い。
(「安宅」「邯鄲」「隅田川」「道成寺」など)

鬼(五番目物)

「紅葉狩」

鬼や天狗などこの世ならぬ存在が
登場する能。演出が派手な演目が多い。
(「猩々」「殺生石」「船弁慶」「紅葉狩」など)

能楽の世界をご案内します。