石川県立能楽堂の概要

About US

石川県立能楽堂の沿革・歴史

石川県立能楽堂は、能楽文化の保存・継承及び振興の拠点として、 昭和47年全国初の独立した公立能楽堂として開館しました。 能舞台は、昭和7年に建てられた金沢能楽堂本舞台を移築したもので 年月を経て落ち着いた趣に満ちています。

能楽堂の沿革

昭和7年 金沢能楽堂完成(金沢市広坂通り)
昭和46年 金沢能楽堂・能舞台を石川県に寄贈(現在地に移築)
昭和47年 石川県立能楽文化会館完成
昭和59年 別館の使用を開始
昭和61年 石川県立能楽堂に改称
令和5年 能舞台が国の登録有形文化財に登録

加賀宝生の由来

加賀藩の能の繁栄は、桃山時代の藩祖前田利家に端を発します。
利家は「金春流」と「観世流」の大夫からけいこを受け、また宝生大夫を陣中に随伴するなど深く能に傾倒しました。
五代藩主綱紀は、宝生太夫将監友春に深く学び、金春流の竹田権兵衛以外の役者に宝生流への改流を命じました。加賀藩では、能を愛好する藩主が続き幕末まで能役者を手厚く保護しました。
その一方で、細工所の職人たちにも能楽の一部を兼芸させ、教養を高めさせると同時に能の人材として育成し、また、領民たちにも奨励しましたので、世に「加賀宝生」といわれるほどの能楽の盛んな土地がらとなって現在にいたっています。

能舞台の由来

幕藩体制の崩壊によって一時衰退した石川県の能楽は、初代佐野吉之助師によって復興されました。
この能舞台は、二代目佐野吉之助師が昭和7年に建てた金沢能楽堂の本舞台を石川県が譲り受け現在地に移築したものです。
京都にある西本願寺の北舞台(国宝)を模した舞台は、入母屋造りの破風(はふ)のついた檜皮葺(ひわだぶき)屋根(総檜造り)で、長い歳月を経て、何とも言えない落ち着いた色艶と風格を呈しています。

施設概要

開館時間

午前9時から午後10時(見学は午後5時までです。午後4時30分までにご入館ください。)

休館日など

  • 毎週月曜日、国民の祝日(ただし、文化の日を除く)
  • 年末年始(12月29日から1月3日)

館内(本館)のご案内

  • 本舞台(京間サイズ三間(約6メートル)
  • 第二舞台(京間サイズ三間(約6メートル)・25畳敷)
  • 見所(固定席373席、升席26席、車椅子席2席)
  • 楽屋(57畳敷)
  • 休憩室(48席)
  • 同時通訳・録画室、展示コーナー、図書・ビデオコーナー  

座席からの舞台の見え方

クリックすると、該当の席からの舞台の見え方をご覧いただけます。

別館のご案内

  • 第三舞台(京間サイズ三間(約6メートル)・(35畳敷)
  • 楽屋
  • 休憩室
  • 1階 茶室「対青軒」(8畳、水屋4畳、立札席付)
    お茶会や茶道の稽古の場として利用されています。郷土の画家「俵屋宗達」の雅号「対青」を席名とし、昭和43年に谷口吉郎氏の設計で建てられた座礼と立礼を組み合わせた茶席。扁額の字は日本画家の安田靭彦氏の筆によるものです。
  • 別棟 茶室「犀庵」(4.5畳台目、水屋4畳)
    金沢商工会議所元会頭西川外吉氏邸にあったもので、外吉氏没後昭和45年に遺族から県に寄贈された。4畳半台目席で駈込天井など小間侘びの趣が感じられる。「犀庵」の額は、表千家即中斎宗匠の命名、山本力吉氏の刀によるものです。

金沢能楽会について

金沢能楽会・定例能について

5代藩主綱紀の時代より加賀藩では、能を愛好する藩主が続き幕末まで能役者を手厚く保護しました。その一方で、細工所の職人たちにも能楽の一部を兼芸させ、教養を高めさせると同時に能の人材として育成し、また、領民たちにも奨励しました。これにより、世に加賀宝生といわれるほどの能楽の盛んな土地柄となりました。一時,幕藩体制の崩壊により加賀宝生も衰退しましたが、佐野吉之助師の登場により、1901年金沢能楽会が設立され、以来100年以上の長きに渡り、連綿と伝統を受け継ぎ現在に至っています。現在、石川県立能楽堂において年11回の定例能を催し、通算回数は1,100回以上に及んでいます。

公益財団法人 金沢能楽会(外部リンク)

その他

中期経営目標

リンク